P2SH (Pay To Script Hash)

前の章で見たとおり、マルチシグは簡単にコードを書いて動かせはするが、P2SHを使わないと、顧客に対してマルチシグのscriptPubKeyへビットコインを支払うようにお願いする方法がなかった。BitcoinAddressを手渡しできる限りは簡単にできるが。
P2SH または Pay To Script HashscriptPubKeyを、それがどれだけ複雑だとしても、簡単なBitcoinScriptAddressに表現する方法である。
前の章ではこのマルチシグをこのように作っていた。
Key bob = new Key();
Key alice = new Key();
Key satoshi = new Key();
var scriptPubKey = PayToMultiSigTemplate
.Instance
.GenerateScriptPubKey(2, new[] { bob.PubKey, alice.PubKey, satoshi.PubKey });
Console.WriteLine(scriptPubKey);
2 0282213c7172e9dff8a852b436a957c1f55aa1a947f2571585870bfb12c0c15d61 036e9f73ca6929dec6926d8e319506cc4370914cd13d300e83fd9c3dfca3970efb 0324b9185ec3db2f209b620657ce0e9a792472d89911e0ac3fc1e5b5fc2ca7683d 3 OP_CHECKMULTISIG
複雑だと思わないだろうか?
その代わりにそのscriptPubKeyP2SH への支払いだとどのように見えるかを見てみよう。
Key bob = new Key();
Key alice = new Key();
Key satoshi = new Key();
var paymentScript = PayToMultiSigTemplate
.Instance
.GenerateScriptPubKey(2, new[] { bob.PubKey, alice.PubKey, satoshi.PubKey }).PaymentScript;
Console.WriteLine(paymentScript);
OP_HASH160 57b4162e00341af0ffc5d5fab468d738b3234190 OP_EQUAL
ちがいがわかるだろうか?このP2SHのscriptPubKeyはマルチシグのスクリプトのハッシュを表している。これはredeemScript.Hash.ScriptPubKeyと同値だ。
ハッシュなので、簡単にbase58エンコードのBitcoinScriptAddressに変換できる。
Key bob = new Key();
Key alice = new Key();
Key satoshi = new Key();
Script redeemScript =
PayToMultiSigTemplate
.Instance
.GenerateScriptPubKey(2, new[] { bob.PubKey, alice.PubKey, satoshi.PubKey });
//Console.WriteLine(redeemScript.Hash.ScriptPubKey);
Console.WriteLine(redeemScript.Hash.GetAddress(Network.Main)); // 3E6RvwLNfkH6PyX3bqoVGKzrx2AqSJFhjo
このようなアドレスはどのクライアントのウォレットも認識する。そのウォレットが「マルチシグ」とはなにかを理解していないとしてもだ。
P2SHを使う支払いでは、ハッシュを得たscriptPubKeyのことを Redeem Script と呼んでいる。
支払う人は Redeem Scriptのハッシュ についてだけ知っていれば良いから、Redeem Script を知ることはない。だから今のケースでは支払い者はビットコインを送金した先がボブ、サトシまたはアリスのマルチシグだということさえ知らないのだ。
このようなトランザクションに署名することは前の章(Bitcoin transferの章)で実践したものと似ている。1つだけちがいがあるのは、トランザクションを TransactionBuilder で生成するときは Redeem Script を生成しなければならないということだ。
マルチシグのP2SHがコインを受け取って、receivedというトランザクションにあると想定しよう。
Script redeemScript =
PayToMultiSigTemplate
.Instance
.GenerateScriptPubKey(2, new[] { bob.PubKey, alice.PubKey, satoshi.PubKey });
////Console.WriteLine(redeemScript.Hash.ScriptPubKey);
//Console.WriteLine(redeemScript.Hash.GetAddress(Network.Main));
Transaction received = new Transaction();
//Pay to the script hash
received.Outputs.Add(new TxOut(Money.Coins(1.0m), redeemScript.Hash));
注意:この支払いはredeemScriptではなくredeemScript.Hashに送っているから注意!
そしてアリス、ボブまたはサトシが受け取ったビットコインを使いたいときは、Coinクラスのインスタンスを生成するのではなく、ScriptCoinクラスのインスタンスを生成する。
//Give the redeemScript to the coin for Transaction construction
//and signing
ScriptCoin coin = received.Outputs.AsCoins().First()
.ToScriptCoin(redeemScript);
あとに続くトランザクションを生成して署名するコードは、マルチシグそのものを使ったトランザクションを説明した前章のコードとまったく同じである。