図解について

この本で使用するほとんどの図解では、同じ図を使用する。矢印については、2つの矢印に囲まれているオブジェクトは、その2つの要素から作られるという意味で使っている。

たとえば以下の図解で言えば、このように読む。

Key + Password = EncryptedKey EncryptedKey + Password = Key

コードも理解するために良い方法なのだが、時としてたくさんの言葉を使うよりも図のほうが簡単に表せる。(心配しないでいただきたいのだが、もちろんコードも紹介する。)